ブログ BLOG

矯正歯科医院経営「行動レベルまで落とし込む」

posted by 高橋信也

経営においても、人生においても目標はあったほうが充実した時間を過ごせると思います。しかし、目標を立てても行動しなければ、目標を達成することはできません。

行動をしやすくするためには、目標を行動レベルまで落とし込むことが大切になります。

セミナーでもお伝えしましたが、矯正歯科医院の売上を構成する要素は3つしかありません。

売上=平均単価×初診相談数×成約率

例えば、成約率を50%を目標としたとします。

成約率を上げていくためには、初診カウンセリングの内容をさらに細分化していきます。

・アイスブレーク

・ヒアリング

・プレゼンテーション

・クロージング

そしてさらに上記4つの項目をさらに細分化していきます。

 

アイスブレークの場合、

・初診患者が来院時に受付でお出迎えできたか

・名前を呼んで対応できたか

等、具体的な行動まで落とし込みをしていきます。

ここまで落とし込みができれば、あとはできているかどうか、機能しているかどうかをモニタリングしていき、改善が必要な部分はさらに改善していきます。

ぜひ、具体的な行動に落とし込み、行動してみてください!

一覧へ戻る