ブログ BLOG

矯正歯科医院経営「目的とアクションのズレ」

posted by 高橋信也

院内には様々なルールが存在しています。このルールがないと組織として機能しなくなります。

例えば、

・予約時間を5分経過して来院しない患者さんには電話をする。

・治療が終わった時には感想を書いてもらう。

・患者を紹介してもらった場合、次回来院時にお礼を言う。

など、考えずに行動できるように仕組み化していきます。

 

しかし、時間の経過とともに、実行されていないことがでてきます。また、実行されていても「何のために」という目的が薄れてくるものです。

 

ルールの見直しが必要な3つの理由

ルールの見直しが必要な理由は3つあります。

1. 実行されていないことがないか確認するため

2.実行してきたけれども、必要なくなったものを見直すため

3.目的を再確認するため

 

どのように見直すか

最低でも1年に1回は見直しをしましょう。やり方は簡単です。すでにチェックリストがあるクリニックであれば、チェックリストを見ながらミーティングをすればいいわけです。

チェックリストがない場合には、以下のステップで見直しをしていきます。

 

Step.1 フローで分ける

初診の問い合わせから治療が終わるまでのフローを作成します。問い合わせ時、初診時、検査時・・・。

 

Step.2 リストアップ

各ステップ毎に実行していることをスタッフにリストアップしてもらいます。また、以前は実行していたけども実行しなくなっていることもリストアップしてもらいます。

 

Step.3 ミーティング

リストアップしたリストをもとにミーティングを開催します。そして、何のために行っていることか、スタッフに発表してもらいます。もし、ずれがあればその場で修正をしていきます。

 

お試し頂ければと思います。

 

 

一覧へ戻る